京塗 表完堂 作品集:桶、水指、建水、水次

季節の茶道具

表完堂作品集トップ画像

太鼓建水 宝尽くし蒔絵

欅材、太鼓形に細工した建水に内側を黒真塗、外側を縁白塗
胴廻りを木地溜塗に宝尽くし蒔絵を加飾しました。




鯉桶水指 ・海松浪絵水次

表完堂 作品
表完堂 作品

★鯉桶水指・楕円形の朱塗水指です。
胴の上下にたががあり、四方に角が出て紐通しの穴があります。
蓋は割り蓋で手前蓋裏に黒漆の波絵が描かれています。
淀から生きた鯉を桶一双に入れ天秤棒でかついできた桶の形からきています


☆海松浪水次・海松浪片口ともいいます。杉曲木地に溜漆内黒塗で黒絵で
海松浪が表面に描かれています。

竹溜建水・曲溜切箔建水

表完堂 作品
表完堂 作品

☆竹溜建水・真竹の根を十年乾燥させ細工し総溜塗で仕上げました。
見付の自然の節がおもしろい、雅味ある一品です。


★曲溜切箔建水・杉曲木地建水で表面に切箔のアクセント、全体を木地溜
に塗り上げた上品な一品です。花博の紫庵で使用するために二代東山表完が
考案いたしました。

水指 釣瓶竹張り ・水指 漆桶

表完堂 作品
表完堂 作品

☆水指釣瓶胡麻竹張り:桧材、胡麻竹煤竹張り、溜塗の箱釣瓶で雅趣ある水指です。
胡麻竹を縦に煤竹を横に張り底に刳り形をほどこし足になっています
内部は溜塗、胡麻竹の割蓋です。
桧材木地釣瓶水指もお作りいたします

★水指漆桶:朴の木皮を曲げた桶に一閑片木目蓋を付けた侘びた水指です。
漆を掻いて入れる桶が原型です 中置き水指などに御使用ください

ページトップに戻る