京塗 表完堂 作品集:棗

季節の茶道具

表完堂作品集トップ画像

武蔵野蒔絵大棗

利休形大棗に鉛板で月 金蒔絵で薄を
描きました

大棗扇面蒔絵

表完堂 作品
表完堂 作品





花丸四君子蒔絵大棗

表完堂 作品
表完堂 作品


平棗 塩釜蒔絵

表完堂 作品
表完堂 作品

欅材、真塗平棗に塩釜蒔絵を描きました。時季問わず御使用いただけます。
由来
海水を煮て塩をつくる竈の事を塩釜といいます。以前は日本各地の浜辺に
竈があり、松島と共に日本の海辺の風景の象徴とされていたものが蒔絵模様
として現代まで伝わったものです。
一説によると、陸奥国の総鎮守として塩釜神社が建立され日本全土に信仰を
集めたところから定着した模様ともされています。

ページトップに戻る